主要なサーバOSのサポート終了は組織にとって大きな課題となっています。

サポートされていないOSを継続利用することは、時間の経過とともに攻撃を受けるリスクを増大させていきますが、簡単に新しいOSへの移行が行えるわけではありません。

本資料ではサポート終了後のOSを実行している組織が直面するリスクについて検討し、そのリスクに対処するための選択肢について考察します。

Red Hat Enterprise Linux5サポート終了後のサーバセキュリティ対策については、こちらもご覧ください。

目次

  • サポート終了後のシステムが抱えるリスクとは
  • 移行前、移行中、移行後のセキュリティ確保の必要性
  • サポートが終了したOSの継続使用のために
  • 最適なアプローチとは
     - Deep Securityの機能とその重要性
     - Deep Securityが機能するしくみ
     - トレンドマイクロが選ばれる理由
  • まとめ:システムのサポートが終了しても安全な方法で前進するために

下記のフォームにご記入の上、ダウンロードボタンを押してください。