2019年7~9月は国内においてECサイトの改ざんによるカード情報の漏えい、二要素認証突破を用いるフィッシング詐欺といったサイバー攻撃が拡大している状況が明らかとなりました。また海外では、公表されるランサムウェアの被害事例が増加するとともに、ビジネスメール詐欺の被害も深刻化していることが分かっています。

法人組織ではこうした最新脅威の手口を知り、対策を検討することが重要です。トレンドマイクロでは、第3四半期(7~9月)の脅威動向を分析し、法人のセキュリティ対策検討に役立つレポートを作成しました。

目次

  • はじめに
  • 日本セキュリティラウンドアップ
  • ネットバンキングの二要素認証突破を狙うフィッシングサイトが9月に急増
  • 利用者のクレジットカード情報を狙うECサイト改ざんの被害が拡大
  • 「キャッシュレス」に深刻な被害を与えたアカウントリスト攻撃
  • グローバルセキュリティラウンドアップ
  • 後を絶たないランサムウェアの被害事例
  • 9月に拡大傾向を見せた「Emotet」の攻撃
  • 高額被害が続くビジネスメール詐欺の脅威
  • 2019年第3四半期の脅威概況

下記のフォームにご記入の上、ダウンロードボタンを押してください。