• 全48ページ
  • 目次
    • まえがき...3
    • はじめに...4
    • コネクテッドカーエコシステム...5
    • コネクテッドカーエコシステムの脅威モデリング...9
    • コネクテッドカーに対する脅威の進化...22
    • コネクテッドカーセキュリティのその他の重点領域...32
    • UN R155 定義の脅威の緩和 ...41
    • まとめ...46

本調査は、読者がコネクテッドカーに対するサイバーリスクの優先順位と戦略的セキュリティの実践の手助けとなることを目的に実施されました。このリサーチペーパーでは、業界標準のDREAD 脅威モデルを使用して、UN 規則第155 号に掲載されている攻撃チェーンの重大度レベルを割り出しています。また、コネクテッドカーエコシステムも調査し、そのエコシステムが高速5G ネットワークの展開とともにどのように進化するのかを予測しました。さらにDREAD 脅威モデルの再検討により、今後5~10 年のうちに脅威の重大度がどのように展開するのかを示しました。最後に、本規則に含まれていない重点領域とサイバー攻撃チェーンを検討しました。

下記のフォームにご記入の上、
ダウンロードボタンを押してください。