TM_logo_red_2c_reversed_300x101.png


Attack Surface Risk Management
無料診断サービス

サイバー攻撃の対象となり得る 外部/内部の資産を可視化・管理する
ASM (Attack Surface Management)ソリューションです


お申し込みフォーム

※現在多くのお客様にお申し込みいただいているため、通常よりお時間をいただく場合がございます

#

ASRMの機能を使って、こんなことが出来ます

弊社エンジニアによる診断レポートとコンソールデモでお客さま環境の診断内容を解説。リスク低減策をアドバイス致します

公開資産のリスク分析
お客さま環境の公開サーバを発見しサーバの設定不備/ポート開放状況/脆弱性を可視化できます。
更に、攻撃活動の高いCVE情報をもとにサーバの役割を加味したリスクスコアリングを行います。脆弱性情報の参照や、弊社製品群での防御ルールの参照などリスク低減策を確認できます。
IDのリスク分析
お客さまID管理基盤を数クリックでVision Oneへ連携するだけで、過去にアカウントが漏洩したイベントがないか、ゲストID~特権IDのなかで使用されていないIDや脆弱な認証方法がないか、ブルートフォース等の攻撃状況を可視化出来ます。
組織内部の脆弱性分析
内部資産のデバイスが持つ脆弱性に対して、グローバルで攻撃活動の高いCVEや実際に受けた攻撃コードの試行状況とデバイスの実際の所有者やID権限から脆弱性の影響度スコアを独自に算出。本当に脆弱性対応が必要な内部資産のトリアージが可能になります。

無料診断の流れ

STEP1

申し込み

STEP2

受付

STEP3

面談と診断スタート

STEP4

診断結果のご案内

FAQ

クリックして詳細をご確認ください。
登録できるドメイン数の上限はありますか?
どんなID管理基盤が診断対象となりますか?
シャドーITの可視化として、組織内のクラウドアプリの利用状況は可視化できますか?
新しく使用するクラウドサービスの評価や承認に利用できる機能はありますか?
トレンドマイクロの製品は利用していませんが、本無料診断は可能ですか?
最初の面談とは、何をしますか?何か準備する必要はありますか?
どのような媒体を使って診断を行うのですか?

Section 4 - Column 2. Praesent non velit ut libero condimentum pulvinar sed vitae tellus.
Vestibulum id tristique elit. Suspendisse posuere rutrum sodales. Nam id elit ac sem iaculis lacinia posuere vitae metus.

Section 4 - Column 3. Praesent non velit ut libero condimentum pulvinar sed vitae tellus.
Vestibulum id tristique elit. Suspendisse posuere rutrum sodales. Nam id elit ac sem iaculis lacinia posuere vitae metus.

Section 4 - Column 4. Praesent non velit ut libero condimentum pulvinar sed vitae tellus.
Vestibulum id tristique elit. Suspendisse posuere rutrum sodales. Nam id elit ac sem iaculis lacinia posuere vitae metus.

こんな悩みはありませんか?

  • 他部署がキャンペーン等で構築したWebサーバを管理できていない
  • 緊急かつ影響の大きい脆弱性があった場合、組織内で同じ脆弱性があるかすぐ特定できない

  • 特権IDやゲストIDのアクセス制御の棚卸ができていない。内部不正対策に不安がある
  • 過去にアカウントが漏洩した可能性がある

  • 脆弱性管理のなかで、本当に対応すべき脆弱性のトリアージが出来ていない

Section 5 - Column 2. Praesent non velit ut libero condimentum pulvinar sed vitae tellus.
Vestibulum id tristique elit. Suspendisse posuere rutrum sodales. Nam id elit ac sem iaculis lacinia posuere vitae metus.

Section 5 - Column 3. Praesent non velit ut libero condimentum pulvinar sed vitae tellus.
Vestibulum id tristique elit. Suspendisse posuere rutrum sodales. Nam id elit ac sem iaculis lacinia posuere vitae metus.

Section 5 - Column 4. Praesent non velit ut libero condimentum pulvinar sed vitae tellus.
Vestibulum id tristique elit. Suspendisse posuere rutrum sodales. Nam id elit ac sem iaculis lacinia posuere vitae metus.