医療機関では病院情報システム(HIS)や医療機器がネットワーク内で利用されることが一般的となりましたが、「インターネットに接続しないことがセキュリティ対策」という考え方には根強いものがあります。しかし、対岸の火事と捉えていることが多かったHISのランサムウェア感染被害が国内の施設でも発生、報道されるようになり、これまで以上に身近なリスクとして認識し対策を準備しておく必要があります。
病院のリスクマネジメントにおける重要な課題として、これからのサイバーセキュリティ対策のアプローチをご紹介します。


対象:

  • 医療機関の情報システム管理者、担当者および個人情報保護責任者、管理担当者

アジェンダ:

  • 医療機関におけるサイバー脅威の動向
  • リスクマネジメントの観点から考える、セキュリティ対策の要所
松山 征嗣
業種営業推進グループ

CISSP,CISA,情報セキュリティ監査人補,医療情報技師,医療情報システム監査人補
2011年よりトレンドマイクロの公共営業部門にて医療機関を主に担当。2016年より業種営業推進グループとして医療業種専任。医療分野におけるソリューション展開、パートナーアライアンス、プロモーション等を推進するとともに医療情報学会や医療情報技師会、各地の研究会等にて情報セキュリティの啓発活動に従事。政府による医療情報分野の研究班、検討委員会にも協力。

名前 名前2
肩書肩書肩書肩書肩書2

ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト

名前 名前3
肩書肩書肩書肩書肩書3

ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト

ウェビナースケジュール一覧: >>スケジュール一覧を閲覧する(リンク)

システム要件: >>システム要件ページを閲覧する(リンク)
ウェビナーを視聴するためのシステム最小要件(対応システム構成など)が記載されています。システムテスト結果が正常でも、環境により視聴が安定しない場合もございますので予めご了承ください。なお、モバイルでの視聴も可とありますが、PCによる視聴を想定したコンテンツを用意しておりますので、PCでの視聴を推奨いたします。

下記のフォームからご登録ください。メールで当日の参加方法をお知らせ致します。

受付は終了しました。