※本ウェビナーは 2018年に実施したものと同内容です。

マイクロソフトによるWindows Server 2008 の延長サポート終了が2020年1月に迫るなど、サポート終了するサーバOSの存在は担当者にとって頭の痛い問題です。サポート終了したサーバOSの利用継続はセキュリティに大きなリスクを抱える事になるため、早期の移行を強くお勧めしますが、現実には費用や技術的な問題から、完全な移行が間に合わない事も少なくありません。移行が間に合わない場合、移行後のセキュリティ確保もみすえて、サーバの脆弱性を保護する対策を検討する必要があります。本ウェビナーでは、サーバOSのサポート終了後に訪れるリスクと、移行中だけでなく移行後のセキュリティも確保する仮想パッチの有効性を専門家が解説します。

対象:

  • 情報システム部門 サーバ管理者・セキュリティ担当者
  • サーバOS入れ替えプロジェクトメンバーの方
  • サポート終了したサーバOSを利用継続せざるをえない組織の担当者

アジェンダ:

  • サポート切れOSに訪れるリスク
  • 仮想パッチという考え方
  • ソリューションのご紹介 (ネットワーク型のTippingPoint / ホスト型のTrend Micro Deep Security )
  • お客様のメリット


他にも様々なウェビナーをご用意しています: >>スケジュールはこちら

福井 順一
エンタープライズソリューション部

サーバセキュリティ製品のプロダクトマーケティングを10年以上担当。サーバセキュリティ業界で最もお客様、パートナー様の信頼を得ているエキスパート。サーバ内にあるお客様の情報資産を守るため、当社セミナーや外部講演にてサーバセキュリティの重要性を語り続けている。

名前 名前2
肩書肩書肩書肩書肩書2

ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト

名前 名前3
肩書肩書肩書肩書肩書3

ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト

システム要件: >>システム要件ページを閲覧する(リンク)
ウェビナーを視聴するためのシステム最小要件(対応システム構成など)が記載されています。システムテスト結果が正常でも、環境により視聴が安定しない場合もございますので予めご了承ください。なお、モバイルでの視聴も可とありますが、PCによる視聴を想定したコンテンツを用意しておりますので、PCでの視聴を推奨いたします。

下記のフォームからご登録ください。メールで当日の参加方法をお知らせ致します。

受付は終了しました。