※本ウェビナーは標的型サイバー攻撃の兆候を掴む最適な対策とは?を詳しく解説するものです。

トレンドマイクロの調査から、巧妙な手口で侵入する標的型攻撃において “侵入後の活動も気づきにくくなっている” 傾向が明らかになりました。

本ウェビナーでは、標的型攻撃の最新動向を調査レポート執筆者がご紹介。日々、お客様とセキュリティ強化の取り組みを行っているエンジニアも参加し、エンジニア視点から攻撃に有効な対策とトレンドマイクロ製品「Deep Discovery™ Inspector」を技術的に解説します。

対象:

  • 法人組織でセキュリティの企画・導入・運用に携わる方
  • SOC、CSIRTにご所属の方

アジェンダ:

  • 標的型攻撃の最新動向、検出困難化する攻撃手口とは
  • 検出困難化する攻撃に有効なアプローチとは
    - 多層防御の重要性
    - Deep Discovery™ Inspector の活用デモ
    - 高い確率で侵入の有無を判断する方法


他にも様々なウェビナーをご用意しています: >>スケジュールはこちら

山外 一徳
コアテク・スレットマーケティング部

官公庁の技術系職員としてセキュアなネットワークシステムの開発プロジェクトなどのセキュリティ業務に8年携わる。その後Webサービス企業でのセキュリティソリューションの導入・運用、セキュリティオペレーションセンター(SOC)業務の経験を経て、2015年にトレンドマイクロへ入社。現在は最新の脅威動向に関する情報をもとに法人向けに特化したマーケティング活動に従事。

長田 倫明
セールスエンジニアリング部

首都圏のエンタープライズ企業のハイタッチSEとして提案活動に従事。エンドポイント向けセキュリティ製品の提案から、サーバ向けのセキュリティ対策、Webやメールへの脅威対策等、幅広い製品、分野において顧客環境に適したセキュリティ提案を行う。現在はWeb対策・内部対策の製品を中心に運用性を考慮したサイバー攻撃対策の提案活動を行う。

名前 名前3
肩書肩書肩書肩書肩書3

ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト

ウェビナースケジュール一覧: >>スケジュール一覧を閲覧する(リンク)

システム要件: >>システム要件ページを閲覧する(リンク)
ウェビナーを視聴するためのシステム最小要件(対応システム構成など)が記載されています。システムテスト結果が正常でも、環境により視聴が安定しない場合もございますので予めご了承ください。なお、モバイルでの視聴も可とありますが、PCによる視聴を想定したコンテンツを用意しておりますので、PCでの視聴を推奨いたします。

下記のフォームからご登録ください。メールで当日の参加方法をお知らせ致します。

受付は終了しました。