2020年は新型コロナウイルス(Covid-19)の影響により、組織では様々な体制の変更が求められることになりました。この変化は、長年サイバーセキュリティ上で潜在的なリスクとして存在していた問題を顕在化させたと言えるでしょう。
オンラインへの依存度が高まる中、2021年の法人組織ではより広範囲のセキュリティが求められるようになると予想されています。2020年に法人組織において観測された様々な脅威、そして2021年に起こり得る脅威について解説するとともに、これからの脅威状況や技術革新を考慮し、各企業がどのように適応すべきかについて考察します。

対象:

  • 法人組織においてセキュリティに携わる方

アジェンダ:

  • 2020年に観測した脅威の振り返り
  • 2021年脅威予測解説


他にも様々なウェビナーをご用意しています: >>スケジュールはこちら

「2021年セキュリティ脅威予測」レポートダウンロードはこちら ≫

岡本 勝之
セキュリティエバンジェリスト

製品のテクニカルサポート業務を経て、1999年よりトレンドラボ・ジャパンウイルスチーム、2007年日本国内専門の研究所として設立されたリージョナルトレンドラボへ移行。シニアアンチスレットアナリストとして特に不正プログラム等のネットワークの脅威全般の解析業務を担当。現在はセキュリティエバンジェリストとして、それまでの解析担当により培った脅威知識を基に、セキュリティ問題、セキュリティ技術の啓発に当たる。

名前 名前2
肩書肩書肩書肩書肩書2

ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト

名前 名前3
肩書肩書肩書肩書肩書3

ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト

ウェビナースケジュール一覧: >>スケジュール一覧を閲覧する(リンク)

システム要件: >>システム要件ページを閲覧する(リンク)
ウェビナーを視聴するためのシステム最小要件(対応システム構成など)が記載されています。システムテスト結果が正常でも、環境により視聴が安定しない場合もございますので予めご了承ください。なお、モバイルでの視聴も可とありますが、PCによる視聴を想定したコンテンツを用意しておりますので、PCでの視聴を推奨いたします。

下記のフォームからご登録ください。メールで当日の参加方法をお知らせ致します。

受付は終了しました。