※2021年8月30日15:00~16:40に日経電子版オンラインセミナーで講演したものを、オンデマンドにて配信しております。そのため、講演動画の録画・無断複写・転載・公衆配信等を禁じます。ご了承いただきご視聴ください。

深刻化する米中対立は、社会そしてビジネスに様々な影響を与えています。そして、サイバー空間の覇権を巡る国家間のグレーな争いは激しさを増しており、その影響は全世界に及んでいます。もちろん日本、そして日本企業も例外ではなく、サイバー攻撃のリスクがますます高まっています。
本セミナーでは、米中対立を起点とした国際状況とサイバー空間の争いについて解説します。また、インテリジェンスに着目し、脅威インテリジェンスとは何か、サイバーセキュリティへの活用方法とは、について解説します。その上で、この状況を鑑み、日本そして日本企業はどのように競争力をつけていくべきなのか、考えるべき視点やポイントなどについて有識者で議論します。


アジェンダ:

  • 基調講演「サイバーグレートゲーム:サイバーセキュリティをめぐる大国間競争」(30分)/慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科 教授 土屋大洋 氏
  • トレンドマイクロ講演「実用的な脅威インテリジェンスの力:いかに組織はサイバー攻撃のリスクを低減できるか」(30分)/トレンドマイクロChief Cybersecurity Officer, Ed Cabrera
  • パネルディスカッション/サイバーリスクに備えよ~日本が競争力を持つためには(40分)/慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科 教授 土屋大洋 氏/多摩大学大学院 客員教授 藤井敏彦 氏/トレンドマイクロ 日本CISO 清水智 /(モデレーター)トレンドマイクロ 顧問 中谷昇 氏

登壇者:

  • 土屋 大洋氏 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 教授
    国際大学グローバル・コミュニケーション・センター助教授などを経て2011年より現職。2019年から2021年まで慶應義塾大学総合政策学部長。2021年より慶應義塾常任理事を兼任。2019年より日本経済新聞客員論説委員も務める。

  • 藤井 敏彦氏 多摩大学大学院 客員教授
    現在、多摩大学大学院にて教鞭をとるとともに内閣官房国家安全保障局にて初代の経済安全保障担当内閣審議官を務めている。

  • 中谷 昇氏 トレンドマイクロ株式会社 顧問
    INTERPOL Global Complex for Innovationの初代総局長。現在は、4月ヤフー執行役員、一般社団法人日本IT団体連盟 専務理事、Zホールディングス常務執行役員、Group Chief Trust & Safety Officerを務める。

  • Ed Cabrera(エド カブレラー)トレンドマイクロ株式会社 Chief Cybersecurity Officer
    ジョージW.ブッシュ大統領の大統領保護部門で勤務し、その後NCCICのシークレットサービス戦略アドバイザーを務める。フロリダ国際大学シニアサイバーセキュリティフェロー兼非常勤教授、ニューヨーク工科大学のゲスト講師を務める。

  • 清水 智 トレンドマイクロ株式会社 執行役員 日本地域CISO
    大規模スポーツイベントのセキュリティ、サイバーセキュリティ、リスクマネジメント、人材育成などのマネジメント領域における専門家。トレンドマイクロ・日本本社のCISOを務める。



他にも様々なウェビナーをご用意しています: >>スケジュールはこちら

名前 名前1
肩書肩書肩書肩書肩書1

ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト

名前 名前2
肩書肩書肩書肩書肩書2

ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト

名前 名前3
肩書肩書肩書肩書肩書3

ダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキストダミーテキスト

ウェビナースケジュール一覧: >>スケジュール一覧を閲覧する(リンク)

システム要件: >>システム要件ページを閲覧する(リンク)
ウェビナーを視聴するためのシステム最小要件(対応システム構成など)が記載されています。システムテスト結果が正常でも、環境により視聴が安定しない場合もございますので予めご了承ください。なお、モバイルでの視聴も可とありますが、PCによる視聴を想定したコンテンツを用意しておりますので、PCでの視聴を推奨いたします。

下記のフォームからご登録ください。メールで当日の参加方法をお知らせ致します。

受付は終了しました。