Amazon S3の正しいセキュリティ対策
Amazon S3のユースケースに沿って考えられるセキュリティリスクを挙げ、主に「設定ミスによる情報漏洩」と「Amazon S3へのウイルス混入」に焦点を当てて、解説をさせていただきます。

こんな方におすすめ

  •   クラウドアーキテクト、開発者の方
  •   クラウド導入を推進しているIT部門の方
  •   自社IT環境に対するセキュリティ担当の方

アジェンダ

  •   Amazon S3のセキュリティ対策ポイント
  •   「設定ミスによる情報漏洩」と「Amazon S3へのウイルス混入」のリスク解説
  •   上記リスクに対応できるTrend Micro Cloud Oneのご紹介

開催概要

開催日時:2022-12-08 14:00 - 15:00
開催方法:オンラインウェビナー ※ON24を利用します
参加方法:お申し込み後に別途メールにてご案内致します
参加費用:無料

※ウェビナーを視聴するためのシステム最小要件(対応システム構成など)が記載されています。
システムテスト結果が正常でも、環境により視聴が安定しない場合もございますので予めご了承ください。
なお、モバイルでの視聴も可とありますが、PCによる視聴を想定したコンテンツも用意しておりますので、PCでの視聴を推奨いたします。

下記フォームからご登録ください。メールで当日の参加方法をお知らせ致します。

#

イベント内容

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) とはアマゾン ウェブ サービス(AWS)の提供するデータを安全に保存できるオブジェクトストレージサービスです。 Amazon S3はAWSマネージドサービスのため、「ユーザにおけるセキュリティ責任はないのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、AWSの提唱する責任共有モデルに基づき、データやアクセス管理などの領域においては、ユーザのセキュリティ責任範囲が存在します。

本Webinarでは、Amazon S3のユースケースに沿って考えられるセキュリティリスクを挙げ、主に「設定ミスによる情報漏洩」と「Amazon S3へのウイルス混入」に焦点を当てて、解説をさせていただきます。

また、それぞれのリスクに対応できるTrend Micro Cloud Oneのソリューションも製品デモを含めてご紹介させていただきます。 Amazon S3のセキュリティ対策のポイント、また対策方法を知りたい方におすすめの内容となります。

スピーカー

根本 恵理子
トレンドマイクロ株式会社 セキュリティエキスパート本部
シニアエンジニア
根本 恵理子

 

Cloud One - File Storage SecurityとConformityのソリューションアーキテクトとして、クラウド全体の可視化やストレージ環境に対するセキュリティ対策の普及に注力している。

 

小島 華佳
トレンドマイクロ株式会社 ビジネスマーケティング本部
AWSアライアンスマネージャー
小島 華佳

 

AWSとのアライアンスマネージャーとTrend Micro Cloud Oneのプロダクトマーケティングを担当。クラウド環境におけるセキュリティ対策の啓蒙活動に従事している。